仕組みや特徴

レーザー脱毛をスピーディに終わらせたい人の間で、アレキサンドライトレーザーが人気です。では、アレキサンドライトレーザーとはどのようなものでしょうか。

まず、アレキサンドライトレーザーは、名前の通り宝石のアレキサンドライトを使用してレーザーを照射できる機械です。日本には1997年に導入されました。脱毛効果があるだけでなく、色素沈着にも効果を発揮します。そのため、シミやそばかすが気になる部位に照射するのも効果的です。

最新型のアレキサンドライトレーザーの場合、レーザーの照射時間はわずか1億分の1秒に過ぎません。しかし、高出力で異常な色素細胞とその表皮細胞だけを狙い撃ちします。肌へ影響を与えずにシミやそばかすが無くせるため、画期的な手法として注目されるようになりました。また、機器によっては脂漏性角化症にも効果を現すと言われています。

すでに医療レーザー脱毛の現場では、アレキサンドライトレーザーを導入するケースが増えてきました。照射によって得られる効果の高さ、それに対して懸念されるダメージの低さを考えると当然かもしれません。もし、レーザー脱毛を受ける場合、アレキサンドライトレーザーであることは、いまや必須の条件でしょう。

医療レーザー脱毛の魅力

脱毛脱毛方法は巷にたくさん出回っていますが、現時点で最も安全性、確実性、施術スピードのバランスがいいのはやはりレーザー脱毛でしょう。レーザー脱毛は肌に直接触れず、毛根の色素に反応するレーザーを後範囲に当てることで毛根を破壊し、結果ムダ毛の再生を抑制するというものです。一本一本処理するニードル脱毛などとは異なり、一度にたくさんの毛根を処理できるため、広範囲の施術であってもそれほど時間がかかりません。

また、軽い刺激や軽症の火傷に近いほてりはありますが、施術後もほぼ普段どおりの生活ができるため、仕事をしている人でも気軽に受けることができます。中でも、医療用のレーザー脱毛器は出力が高く設定されているため、毛根を破壊する力も強く、永久脱毛の効果が顕著に現れます。痛みを強く感じる人には麻酔や冷却ガスなどを併用して痛みを和らげることができ、術後に肌トラブルがあったとしてもすぐに処置してもらえるため、安心して受けることができます。

安心して受けられる医療レーザー脱毛

むだ毛を処理する方法として、良く行われているのはカミソリや毛抜きなどを使った自己処理でしょう。

しかしこの方法はしっかりとした対策を行ってからやらないと、大切な角質層まで削り取ってしまい乾燥肌の原因になったり、毛穴が傷ついて腫れてしまうなど肌トラブルの原因にもなります。特に肌を露出する機会の多い季節は、頻繁にむだ毛処理をするためその確率が高くなるのです。自分でむだ毛を処理するよりも、専門家による永久脱毛の処理のほうが、肌への負担も少なくさらにむだ毛処理のストレスからも解放されます。

むだ毛処理の方法の中でも、痛みが少なく施術時間が短いレーザー脱毛は人気のある施術です。レーザー脱毛というとエステサロンで行うイメージが強いですが、実は美容皮膚科など医療機関でも受けられるのです。レーザー脱毛は気になるけれどエステサロンで行うのは心配という人でも、医師が施術を行う医療レーザー脱毛なら安心して受けられることでしょう。