脱毛の種類とは

脱毛は近年当たり前のこととして年齢層を問わず一般的になってきました。人それぞれムダ毛の量は違いますが、悩んでいる人も多いでしょう。何らかの形で処理する人たちが増えています。

しかし脱毛と言っても色々な種類があり、仮に脱毛に興味があっても一体どんな種類があって、自分にはどんな方法があるのか、分からないといったこともあるでしょう。さまざまな脱毛方法が存在しており、一番私たちにとって身近なものは、家庭用脱毛器を使用した脱毛、そして除毛クリームやワックス脱毛、カミソリ、毛抜きなどではないでしょうか。これらは比較的簡単に、しかも自宅で行うことができます。お金もあまりかからないことから、これらの脱毛方法は経験ある方が多いと思います。その手軽さの反面、自己処理の頻度の多さや、肌トラブルが発生するというデメリットもあります。

そこで登場するのが、プロにお願いする脱毛です。大まかな種類は、ニードル脱毛(電気脱毛)や光脱毛(フラッシュ脱毛)、そしてレーザー脱毛(医療機関のみ)です。まずニードル脱毛とは、毛穴の1つ1つに絶縁針を入れていき、電気を流して、毛を生やしている細胞を破壊していく脱毛方法です。

続いて光脱毛はフラッシュ光をムダ毛に照射していきます。可視光線という光で、黒い物(メラニン色素)だけに作用し、メラニン色素であるムダ毛を焼くという状態になります。そしてレーザー脱毛とは黒色または茶色に吸収されるレーザーで毛や毛根、その周辺組織にダメージを与えるものです。 医療機関での施術となり、麻酔を行える場合もあります。

以上のようにさまざまな種類がありますが、選び方としてはどのような仕上がりを求めるか、何を優先するのかによります。永久さを求め、部分的な脱毛を望むのであればニードル脱毛、痛みをあまり感じず、ムダ毛を薄くし自己処理を楽にしてくれる光脱毛、半永久的に少ない回数でしかも医師への相談などの安心感ではレーザー脱毛と、簡単な例ですが判断することができます。今回注目したいのは医療処置とされいてるレーザー脱毛についてです。