脱毛に求めるのは

アレキサンドライトレーザーの安全面は、すでに評価を浴びています。2000年にアメリカFDAからどのような肌にも照射ができるという、永久減耗の許可を受けているためとても安心です。しかし他の脱毛方法にもデメリットがあるように、アレキサンドライトレーザーにも肌への負担や一時的な副作用が起こる場合があります。たとえば、治療が終了したあとに毛穴が膨らんでいるように見えたり、赤い斑点ができる場合もあります。

痒みが出てしまって我慢できずに掻いてしまうと、色素沈着を起こすこともあります。他にも人によっては乾燥を感じることもあります。しかしこのようなことは、他の脱毛方法でも起きやすく、何より医師への相談ができる医療レーザー脱毛になるので、1週間以上続く場合には塗り薬や飲み薬を処方してもらうなどをしてすぐに対処することができます。この安心感は何よりのメリットですよね。

以上、さまざまな特徴や安全性を検討しても、レーザー脱毛「アレキサンドライトレーザー」の魅力をお伝えすることができたのではないでしょうか。人それぞれ毛の悩みは違いますし、何を優先したいかという点では比べることができません。自分に合った・合いそうだなと感じた方法をまずは試してみましょう。少しでも疑問や悩みがあれば、医師に相談することができるレーザー脱毛を行うクリニックに足を運んでみてください。きっと満足できる脱毛をすることができます。(参照リンク→レーザー脱毛施術 – 札幌中央クリニック

スピーディーに脱毛ができる医療レーザー機器を導入しているクリニック

脱毛スピーディーに脱毛ができる医療レーザーの機器を導入しているクリニックがあります。ここでは、2秒間に3発という照射が可能な最新鋭の医療レーザー脱毛の機器を導入しているため、今までよりもさらにスピーディーな脱毛ができます。さらにここのクリニックで導入している機器は、レーザーの照射面積も15ミリとコンパクトなものなので、これまで他のクリニックでは対応しきれなかった細かい体の部位のむだ毛の処理も可能となっています。

また、ここで導入している医療レーザー脱毛機器は、FDAから正式に医療承認を受けている安全なものです。医療レーザー脱毛は痛いとも言われていますが、ここのクリニックでは、マイナス30度まで冷却ができる強力な冷却装置を脱毛処理のときに用いているため、痛みの少ないむだ毛処理ができるようになっています。また、ジェルを使わずにむだ毛の処理ができるため、脱毛をしたあとも皮膚がべたつく心配もありません。

レーザー脱毛中のお手入れ方法

ムダ毛の処理は本当に大変なものなのですが、医療用のレーザー脱毛を行えばムダ毛に悩む事もなくなり手間も必要なくなるのでお薦めです。レーザー脱毛は数か月おきくらいに通う事になるのですが、一回だけの施術では永久脱毛は期待出来ないのが一般的です。通い始めたら必ず最後まで施術を行ってもらう事で初めてきれいな素肌になれます。最初の頃の施術ではレーザーにあたっていなかった部分の毛が生えてきたり、毛周期や休息期などもあるなどしながらどんどんムダ毛が消えていくのですが、新しくムダ毛が生えてきたとしても出来るだけ自分では抜いたり剃ったりしないことが大事です。

レーザー脱毛中に毛を抜いたりする事で毛穴に炎症を起こしてしまう場合があるのですが、2回目や3回目ともなると確実にムダ毛の量は減ってくるのでしばらく我慢する事も大事です。また脱毛後のケアとしては紫外線に当たらないことが重要です。シミが出来てしまう事もあるので必ず日焼け止めを塗ることがおすすめです。