脱毛に求めるのは

アレキサンドライトレーザーの安全面は、すでに評価を浴びています。2000年にアメリカFDAからどのような肌にも照射ができるという、永久減耗の許可を受けているためとても安心です。しかし他の脱毛方法にもデメリットがあるように、アレキサンドライトレーザーにも肌への負担や一時的な副作用が起こる場合があります。たとえば、治療が終了したあとに毛穴が膨らんでいるように見えたり、赤い斑点ができる場合もあります。

痒みが出てしまって我慢できずに掻いてしまうと、色素沈着を起こすこともあります。他にも人によっては乾燥を感じることもあります。しかしこのようなことは、他の脱毛方法でも起きやすく、何より医師への相談ができる医療レーザー脱毛になるので、1週間以上続く場合には塗り薬や飲み薬を処方してもらうなどをしてすぐに対処することができます。この安心感は何よりのメリットですよね。

以上、さまざまな特徴や安全性を検討しても、レーザー脱毛「アレキサンドライトレーザー」の魅力をお伝えすることができたのではないでしょうか。人それぞれ毛の悩みは違いますし、何を優先したいかという点では比べることができません。自分に合った・合いそうだなと感じた方法をまずは試してみましょう。少しでも疑問や悩みがあれば、医師に相談することができるレーザー脱毛を行うクリニックに足を運んでみてください。きっと満足できる脱毛をすることができます。(参照リンク→レーザー脱毛施術 – 札幌中央クリニック

スピーディーに脱毛ができる医療レーザー機器を導入しているクリニック

脱毛スピーディーに脱毛ができる医療レーザーの機器を導入しているクリニックがあります。ここでは、2秒間に3発という照射が可能な最新鋭の医療レーザー脱毛の機器を導入しているため、今までよりもさらにスピーディーな脱毛ができます。さらにここのクリニックで導入している機器は、レーザーの照射面積も15ミリとコンパクトなものなので、これまで他のクリニックでは対応しきれなかった細かい体の部位のむだ毛の処理も可能となっています。

また、ここで導入している医療レーザー脱毛機器は、FDAから正式に医療承認を受けている安全なものです。医療レーザー脱毛は痛いとも言われていますが、ここのクリニックでは、マイナス30度まで冷却ができる強力な冷却装置を脱毛処理のときに用いているため、痛みの少ないむだ毛処理ができるようになっています。また、ジェルを使わずにむだ毛の処理ができるため、脱毛をしたあとも皮膚がべたつく心配もありません。

レーザー脱毛中のお手入れ方法

ムダ毛の処理は本当に大変なものなのですが、医療用のレーザー脱毛を行えばムダ毛に悩む事もなくなり手間も必要なくなるのでお薦めです。レーザー脱毛は数か月おきくらいに通う事になるのですが、一回だけの施術では永久脱毛は期待出来ないのが一般的です。通い始めたら必ず最後まで施術を行ってもらう事で初めてきれいな素肌になれます。最初の頃の施術ではレーザーにあたっていなかった部分の毛が生えてきたり、毛周期や休息期などもあるなどしながらどんどんムダ毛が消えていくのですが、新しくムダ毛が生えてきたとしても出来るだけ自分では抜いたり剃ったりしないことが大事です。

レーザー脱毛中に毛を抜いたりする事で毛穴に炎症を起こしてしまう場合があるのですが、2回目や3回目ともなると確実にムダ毛の量は減ってくるのでしばらく我慢する事も大事です。また脱毛後のケアとしては紫外線に当たらないことが重要です。シミが出来てしまう事もあるので必ず日焼け止めを塗ることがおすすめです。

メリット

脱毛をするアレキサンドライトレーザーの魅力的な特徴として三点上げることができます。一点目は、痛みの少なさです。誰しも痛みは極力あって欲しくありませんよね。レーザー脱毛は痛いというイメージがありますが、なるべくその痛みを軽減できるのがアレキサンドライトレーザーです。照射のたびに冷却ガスを噴射します。そのため瞬時に冷却できるので、痛みと皮膚のダメージがとても少ないのです。体の部位によっても痛みの感じ方は違いますが、膝や顔などの皮膚が薄い部分には多少の痛みが伴いますが、その他の部分はほとんど痛みがないと言ってもいいようです。

二点目は、時間がかからず効果が高いということです。直径1.5cmほどの広さを1回で照射できるため、約30本のムダ毛を一気に処理することができるのです。照射時間は驚きの0.1秒。ピッピッと行うだけで、短い時間で広い範囲を処理ができます。例えばワキの下は約5分ほどで済んでしまうのです。あっという間ですね。ジェルを使用しないため、ジェルをふき取り時間も必要ありません。さらに脱毛効果も高く、照射回数もすくなくて済むため、トータルの期間を短く脱毛することができます。忙しい人にはとても嬉しいですよね。一回切りではありませんから、なるべく短時間でと考える方は多いと思います。

三点目は、肌の引き締め効果があるということです。コラーゲンの産生を促し、お肌にハリが出てきたり、毛穴の引き締めてくれるので、きめ細かな肌にしてくれる効果もあるのです。さらに、肌の中にある色素を破壊するため、全体的に肌がワントーン明るくなったように感じることもできます。これは女性にとってはとても嬉しい効果です。

レーザー脱毛のメリット

一昔前の永久脱毛法の主流は、電気脱毛でした。電気脱毛は、毛穴一つ一つに特殊な針を刺し、電気を流して毛根を破壊するという方法です。一本ずつの処理になりますので、確実に永久脱毛が行えますが、施術時には強い痛みを伴い、時間が掛かるために料金も高くなるという難点がありました。その後登場したレーザー脱毛は、一度に広範囲の処理が行えて費用も安いことから、一気に利用者が増えました。

レーザー脱毛の仕組みは、メラニン色素に反応する特殊なレーザーを脱毛したい部分に照射し、毛母細胞にダメージを与えるというものです。メラニン色素に反応するため、施術前の日焼けは厳禁ですので、その点は注意が必要です。最近では技術の進歩により産毛まで処理することができるようになり、場所を選ばす脱毛することができるようになっています。施術時の痛みも、電気脱毛とは比べものにならないほど少ない方法です。そのため、広範囲の処理を行いたい時に選ばれることの多い脱毛法です。

レーザー脱毛で脇毛を無くそう

男性には絶対見せれませんが、女性でも濃い脇毛は生えてきてしまうのです。最初は、もやしのようにヒョロヒョロだった脇毛も処理をしていくにつれ男性の無精ひげくらいの濃さになっていきました。これ以上濃くなるのも嫌だけど、処理をしない訳にも行きません。どうしたものかと考えていた時に、姉に脇毛のレーザー脱毛を進められ美容外科にて施術してもらう事にしました。脇毛を剃っても、剃った部分が少し青くなっていたので少し恥ずかしいなと思う気持ちもあったのですが施術を担当してくれている方は何百人と見ているから気にする必要ないかと、一人考えていました。

施術してもらう時は火傷防止の為、綺麗に脇毛を処理して行きいざ照射です。感覚としては輪ゴムをパチパチと弾かれているような感じです。脇は肉が多い部位だそうであまり痛みは感じませんでした。1か月に1度、半年通い、今ではノースリーブを着ていても脇を思い切り上げて、つり革に掴まれるようになり大変満足しています。

仕組みや特徴

レーザー脱毛をスピーディに終わらせたい人の間で、アレキサンドライトレーザーが人気です。では、アレキサンドライトレーザーとはどのようなものでしょうか。

まず、アレキサンドライトレーザーは、名前の通り宝石のアレキサンドライトを使用してレーザーを照射できる機械です。日本には1997年に導入されました。脱毛効果があるだけでなく、色素沈着にも効果を発揮します。そのため、シミやそばかすが気になる部位に照射するのも効果的です。

最新型のアレキサンドライトレーザーの場合、レーザーの照射時間はわずか1億分の1秒に過ぎません。しかし、高出力で異常な色素細胞とその表皮細胞だけを狙い撃ちします。肌へ影響を与えずにシミやそばかすが無くせるため、画期的な手法として注目されるようになりました。また、機器によっては脂漏性角化症にも効果を現すと言われています。

すでに医療レーザー脱毛の現場では、アレキサンドライトレーザーを導入するケースが増えてきました。照射によって得られる効果の高さ、それに対して懸念されるダメージの低さを考えると当然かもしれません。もし、レーザー脱毛を受ける場合、アレキサンドライトレーザーであることは、いまや必須の条件でしょう。

医療レーザー脱毛の魅力

脱毛脱毛方法は巷にたくさん出回っていますが、現時点で最も安全性、確実性、施術スピードのバランスがいいのはやはりレーザー脱毛でしょう。レーザー脱毛は肌に直接触れず、毛根の色素に反応するレーザーを後範囲に当てることで毛根を破壊し、結果ムダ毛の再生を抑制するというものです。一本一本処理するニードル脱毛などとは異なり、一度にたくさんの毛根を処理できるため、広範囲の施術であってもそれほど時間がかかりません。

また、軽い刺激や軽症の火傷に近いほてりはありますが、施術後もほぼ普段どおりの生活ができるため、仕事をしている人でも気軽に受けることができます。中でも、医療用のレーザー脱毛器は出力が高く設定されているため、毛根を破壊する力も強く、永久脱毛の効果が顕著に現れます。痛みを強く感じる人には麻酔や冷却ガスなどを併用して痛みを和らげることができ、術後に肌トラブルがあったとしてもすぐに処置してもらえるため、安心して受けることができます。

安心して受けられる医療レーザー脱毛

むだ毛を処理する方法として、良く行われているのはカミソリや毛抜きなどを使った自己処理でしょう。

しかしこの方法はしっかりとした対策を行ってからやらないと、大切な角質層まで削り取ってしまい乾燥肌の原因になったり、毛穴が傷ついて腫れてしまうなど肌トラブルの原因にもなります。特に肌を露出する機会の多い季節は、頻繁にむだ毛処理をするためその確率が高くなるのです。自分でむだ毛を処理するよりも、専門家による永久脱毛の処理のほうが、肌への負担も少なくさらにむだ毛処理のストレスからも解放されます。

むだ毛処理の方法の中でも、痛みが少なく施術時間が短いレーザー脱毛は人気のある施術です。レーザー脱毛というとエステサロンで行うイメージが強いですが、実は美容皮膚科など医療機関でも受けられるのです。レーザー脱毛は気になるけれどエステサロンで行うのは心配という人でも、医師が施術を行う医療レーザー脱毛なら安心して受けられることでしょう。

脱毛の種類とは

脱毛は近年当たり前のこととして年齢層を問わず一般的になってきました。人それぞれムダ毛の量は違いますが、悩んでいる人も多いでしょう。何らかの形で処理する人たちが増えています。

しかし脱毛と言っても色々な種類があり、仮に脱毛に興味があっても一体どんな種類があって、自分にはどんな方法があるのか、分からないといったこともあるでしょう。さまざまな脱毛方法が存在しており、一番私たちにとって身近なものは、家庭用脱毛器を使用した脱毛、そして除毛クリームやワックス脱毛、カミソリ、毛抜きなどではないでしょうか。これらは比較的簡単に、しかも自宅で行うことができます。お金もあまりかからないことから、これらの脱毛方法は経験ある方が多いと思います。その手軽さの反面、自己処理の頻度の多さや、肌トラブルが発生するというデメリットもあります。

そこで登場するのが、プロにお願いする脱毛です。大まかな種類は、ニードル脱毛(電気脱毛)や光脱毛(フラッシュ脱毛)、そしてレーザー脱毛(医療機関のみ)です。まずニードル脱毛とは、毛穴の1つ1つに絶縁針を入れていき、電気を流して、毛を生やしている細胞を破壊していく脱毛方法です。

続いて光脱毛はフラッシュ光をムダ毛に照射していきます。可視光線という光で、黒い物(メラニン色素)だけに作用し、メラニン色素であるムダ毛を焼くという状態になります。そしてレーザー脱毛とは黒色または茶色に吸収されるレーザーで毛や毛根、その周辺組織にダメージを与えるものです。 医療機関での施術となり、麻酔を行える場合もあります。

以上のようにさまざまな種類がありますが、選び方としてはどのような仕上がりを求めるか、何を優先するのかによります。永久さを求め、部分的な脱毛を望むのであればニードル脱毛、痛みをあまり感じず、ムダ毛を薄くし自己処理を楽にしてくれる光脱毛、半永久的に少ない回数でしかも医師への相談などの安心感ではレーザー脱毛と、簡単な例ですが判断することができます。今回注目したいのは医療処置とされいてるレーザー脱毛についてです。

永久脱毛の種類と特徴

カミソリ永久脱毛には、様々な種類があります。実際にどの方法を行うかを選ぶ時は、掛かる費用や肌への影響、施術時の痛み等、色々なことを考慮しながら決める必要があります。電気脱毛は、完璧な効果を求める場合に選ぶべき方法です。毛穴一つ一つに特殊な針を刺し、電気を流して毛母細胞を破壊します。無駄毛一本ずつの処理になりますので効果は確実ですが、施術時の痛みが強い点と費用が高い点がデメリットとして挙げられます。痛みの少ない永久脱毛法と言えば、レーザー脱毛です。

メラニン色素に反応する特殊なレーザーを照射し、毛母細胞にダメージを与えます。一度に広範囲の処理を行うことができますので、費用も手頃です。レーザー脱毛より更に痛みの少ない方法がフラッシュ脱毛です。費用の面でも最も手頃な方法であり、美肌効果もあります。自己処理で作ってしまった色素沈着やシミの改善も可能ですので、美容効果も同時に求める場合はフラッシュ脱毛がお勧めです。

脱毛方法の種類と効果

脱毛方法には自分で行う、カミソリでの剃毛、クリームを使った方法があります。しかし、これは正しくは脱毛ではなく、クリームの薬用成分により毛を溶かすのです。ですので除毛というのが正しいでしょう。

あと、機器を使った毛抜きがあります。手軽にいつでも行えるのですが効果がある期間が限定的なのです。それに比べて、エスティックサロンで行われる脱毛にレーザー脱毛と電気針脱毛があります。レーザー脱毛はレーザー光を肌に当てることで、毛根にダメージを与えるのです。かなりの脱毛効果があります。

しかし、毛髪のサイクルに合わせて行う必要がありますし、うぶ毛が残ってしまうケースがあります。その残った毛に対して電気針を使った脱毛を行うのです。電気針脱毛は、毛穴に極細の電気針を入れて電流を流して毛根にダメージを与えるのです。広い範囲に効果のあるレーザーと、レーザーで残った部分を電気針で行うことでかなりの効果を得ることができるでしょう。