脱毛に求めるのは

アレキサンドライトレーザーの安全面は、すでに評価を浴びています。2000年にアメリカFDAからどのような肌にも照射ができるという、永久減耗の許可を受けているためとても安心です。しかし他の脱毛方法にもデメリットがあるように、アレキサンドライトレーザーにも肌への負担や一時的な副作用が起こる場合があります。たとえば、治療が終了したあとに毛穴が膨らんでいるように見えたり、赤い斑点ができる場合もあります。

痒みが出てしまって我慢できずに掻いてしまうと、色素沈着を起こすこともあります。他にも人によっては乾燥を感じることもあります。しかしこのようなことは、他の脱毛方法でも起きやすく、何より医師への相談ができる医療レーザー脱毛になるので、1週間以上続く場合には塗り薬や飲み薬を処方してもらうなどをしてすぐに対処することができます。この安心感は何よりのメリットですよね。

以上、さまざまな特徴や安全性を検討しても、レーザー脱毛「アレキサンドライトレーザー」の魅力をお伝えすることができたのではないでしょうか。人それぞれ毛の悩みは違いますし、何を優先したいかという点では比べることができません。自分に合った・合いそうだなと感じた方法をまずは試してみましょう。少しでも疑問や悩みがあれば、医師に相談することができるレーザー脱毛を行ってるクリニックに足を運んでみてください。きっと満足できる脱毛をすることができます。

メリット

アレキサンドライトレーザーの魅力的な特徴として三点上げることができます。一点目は、痛みの少なさです。誰しも痛みは極力あって欲しくありませんよね。レーザー脱毛は痛いというイメージがありますが、なるべくその痛みを軽減できるのがアレキサンドライトレーザーです。照射のたびに冷却ガスを噴射します。そのため瞬時に冷却できるので、痛みと皮膚のダメージがとても少ないのです。体の部位によっても痛みの感じ方は違いますが、膝や顔などの皮膚が薄い部分には多少の痛みが伴いますが、その他の部分はほとんど痛みがないと言ってもいいようです。

二点目は、時間がかからず効果が高いということです。直径1.5cmほどの広さを1回で照射できるため、約30本のムダ毛を一気に処理することができるのです。照射時間は驚きの0.1秒。ピッピッと行うだけで、短い時間で広い範囲を処理ができます。例えばワキの下は約5分ほどで済んでしまうのです。あっという間ですね。ジェルを使用しないため、ジェルをふき取り時間も必要ありません。さらに脱毛効果も高く、照射回数もすくなくて済むため、トータルの期間を短く脱毛することができます。忙しい人にはとても嬉しいですよね。一回切りではありませんから、なるべく短時間でと考える方は多いと思います。

三点目は、肌の引き締め効果があるということです。コラーゲンの産生を促し、お肌にハリが出てきたり、毛穴の引き締めてくれるので、きめ細かな肌にしてくれる効果もあるのです。さらに、肌の中にある色素を破壊するため、全体的に肌がワントーン明るくなったように感じることもできます。これは女性にとってはとても嬉しい効果です。

仕組みや特徴

レーザー脱毛をスピーディに終わらせたい人の間で、アレキサンドライトレーザーが人気です。では、アレキサンドライトレーザーとはどのようなものでしょうか。

まず、アレキサンドライトレーザーは、名前の通り宝石のアレキサンドライトを使用してレーザーを照射できる機械です。日本には1997年に導入されました。脱毛効果があるだけでなく、色素沈着にも効果を発揮します。そのため、シミやそばかすが気になる部位に照射するのも効果的です。

最新型のアレキサンドライトレーザーの場合、レーザーの照射時間はわずか1億分の1秒に過ぎません。しかし、高出力で異常な色素細胞とその表皮細胞だけを狙い撃ちします。肌へ影響を与えずにシミやそばかすが無くせるため、画期的な手法として注目されるようになりました。また、機器によっては脂漏性角化症にも効果を現すと言われています。

すでに医療レーザー脱毛の現場では、アレキサンドライトレーザーを導入するケースが増えてきました。照射によって得られる効果の高さ、それに対して懸念されるダメージの低さを考えると当然かもしれません。もし、レーザー脱毛を受ける場合、アレキサンドライトレーザーであることは、いまや必須の条件でしょう。

脱毛の種類とは

脱毛は近年当たり前のこととして年齢層を問わず一般的になってきました。人それぞれムダ毛の量は違いますが、悩んでいる人も多いでしょう。何らかの形で処理する人たちが増えています。

しかし脱毛と言っても色々な種類があり、仮に脱毛に興味があっても一体どんな種類があって、自分にはどんな方法があるのか、分からないといったこともあるでしょう。さまざまな脱毛方法が存在しており、一番私たちにとって身近なものは、家庭用脱毛器を使用した脱毛、そして除毛クリームやワックス脱毛、カミソリ、毛抜きなどではないでしょうか。これらは比較的簡単に、しかも自宅で行うことができます。お金もあまりかからないことから、これらの脱毛方法は経験ある方が多いと思います。その手軽さの反面、自己処理の頻度の多さや、肌トラブルが発生するというデメリットもあります。

そこで登場するのが、プロにお願いする脱毛です。大まかな種類は、ニードル脱毛(電気脱毛)や光脱毛(フラッシュ脱毛)、そしてレーザー脱毛(医療機関のみ)です。まずニードル脱毛とは、毛穴の1つ1つに絶縁針を入れていき、電気を流して、毛を生やしている細胞を破壊していく脱毛方法です。

続いて光脱毛はフラッシュ光をムダ毛に照射していきます。可視光線という光で、黒い物(メラニン色素)だけに作用し、メラニン色素であるムダ毛を焼くという状態になります。そしてレーザー脱毛とは黒色または茶色に吸収されるレーザーで毛や毛根、その周辺組織にダメージを与えるものです。 医療機関での施術となり、麻酔を行える場合もあります。

以上のようにさまざまな種類がありますが、選び方としてはどのような仕上がりを求めるか、何を優先するのかによります。永久さを求め、部分的な脱毛を望むのであればニードル脱毛、痛みをあまり感じず、ムダ毛を薄くし自己処理を楽にしてくれる光脱毛、半永久的に少ない回数でしかも医師への相談などの安心感ではレーザー脱毛と、簡単な例ですが判断することができます。今回注目したいのは医療処置とされいてるレーザー脱毛についてです。